楽創會 〜井上頼豊没後20年を記念して〜
インタビュー・シリーズ 野坂操壽・小宮瑞代 Souju Nosaka / Mizuyo Komiya 野坂操壽(二十五絃箏) 東京藝術大学専攻科修了 1969:二十絃箏1991:二十五絃箏を開発・発表 2002:芸術選奨文部科学大臣賞 2003:紫綬褒章 二代野坂操壽襲名 2011:日本藝術院賞。2015:文化功労者 現在、桐朋学園芸術短期大学特別招聘教授、(公社)日本三曲協会常任理事他。 古典の継承と同時に、二十五絃箏の為の委嘱初演を続けている。 小宮瑞代(低音二十五絃箏)
祖母・初代野坂操壽より箏の手ほどきを受ける。米国ニューイングランド音楽院に二十五絃箏を持って留学。CD「ZUMIK MUSIC」等をリリース。2016年「野坂惠璃 古典演奏会」を開催。 小宮瑞代として二十五絃箏を主に作曲・演奏活動を行うと同時に、古典曲を演奏する際には野坂惠璃として活動。

(c) 2016 Akira Inoue

楽創會 〜井上頼豊没後20年を記念して〜
野坂操壽・小宮瑞代 Souju Nosaka / Mizuyo Komiya 野坂操壽(二十五絃箏) 東京藝術大学専攻科修了 1969:二十絃箏1991:二十五絃箏を開発・発表 2002:芸術選奨文部科学大臣賞 2003:紫綬褒章 二代野坂操壽襲名 2011:日本藝術院賞。2015:文化功労者 現在、桐朋学園芸術短期大学特別招聘教授、(公社)日本三曲協会常任理事他。 古典の継承と同時に、二十五絃箏の為の委嘱初演を続けている。 小宮瑞代(低音二十五絃箏)
祖母・初代野坂操壽より箏の手ほどきを受ける。米国ニューイングランド音楽院に二十五絃箏を持って留学。CD「ZUMIK MUSIC」等をリリース。2016年「野坂惠璃 古典演奏会」を開催。 小宮瑞代として二十五絃箏を主に作曲・演奏活動を行うと同時に、古典曲を演奏する際には野坂惠璃として活動。